華泰・サンタフェPlus量産車、第四半期に市場デビューの見込み

【5月26日新華網】

 

  今年4月、北京で開催されたモーターショーで、華泰汽車(Hawtai motor)は、サンタフェPlusコンセプトカーを発表、コンパクト型のSUVと位置付けた。最近の情報によれば、サンタフェPlus量産車は、今年、第四半期(10月~12月)に市場デビューする。

 

  サンタフェPlusコンセプトカーには横長式グリルが採用され、外観は非常に堂々としたデザインに仕上がっている。ヘッドライトとフロントグリルが繋がり、底部のバンパーが誇張されたスタイルだ。

 

  バックスタイルもトレンディな仕上がりとなっており、堂々としたデザインのバックライトに加え、バンパー底部にはシルバーの装飾が施されている。新型車は、1.5Tエンジンを搭載、現在のところ、エンジン出力の詳細は、はっきり分かっていない。また、装備に関しては、電子制御のパーキングブレーキ及びサンルーフ、10寸のコントロールパネル、クルーズコントロール、キーレスシステム、タイヤ空気圧センサー等が装備されている。

 


引用:
0