中国、燃料電池車技術を突破

【5月24日新華網】

 

  本日開幕の2016年、第13回中国国際交通技術・設備展示会において、新エネルギー自動車分野の先端技術を代表する宇通第三大燃料電池車が正式デビューを果たす。この自動車は、新エネ企業で唯一国家科学技術進歩賞を獲得した宇通のRectrl技術を融合、水素燃料充填時間は、10分程度でありながら、実証試験で、航続距離は600キロを超え、コストを約半分に低減、中国の燃料電池車市場化への歩みを大きく加速させることとなった。

 

  紹介によれば、燃料電池車は、排気ガス0、燃料充填時間が短い、走行距離が長いという利点がある。乗用車分野での燃料電池車の研究・開発は、既に国内外企業間での避けられない争いとなる一方で、商用車分野においては、多くの企業が燃料電池車の開発方向を確立し始めたのは、つい二年程前のことである。


引用:
0