FoxconnがMicrosoft社・Nokiaのフィーチャーフォン業務を買収

【5月20日新華網】

 

  5月18日、Foxconnの傘下子会社であるFIH Mobile社(富智康)は、HMD社と共同で、3億5000万ドルを出資し、Nokiaのフィーチャーフォン製造関連をMicrosoft社から買収することを明らかにした。その内、3億3000万ドルがFIH Mobile社の出資となる。Microsoft社の発表では、この取引で、4500名に及ぶ従業員がFIH Mobile社に移動することになる。

 

  双方の発表によれば、FIH Mobile社は、ブランド、ソフトウエア、サービス、顧客ネットワーク及びその他の資産、顧客契約、重要供給契約書等を含むMicrosoft社のフィーチャーフォン資産を全て獲得する。本取引は、規制上の認可取得及び、その他成約条件が整う必要があり、2016年の下半期に完了すると見込まれる。FIH Mobile社は、Microsoft社がベトナム・ハノイに設立した製造工場「Microsoft Mobile」のベトナム事業部門も取得する。本取引が完了すれば、約4500人の従業員が、FIH Mobile社またはHMD Globalに配属される予定だ。

 

  Microsoft社は、本取引は、Nokiaブランドのフィーチャーフォン業務に限定され、今後もWindows 10 Mobileシステムの開発を続行、同時にAcer、ALCATEL、 Lumia等のWindowsシステムを使用する携帯電話をサポートしていくと話した。


引用:
0