長安フォード、アジア太平洋地区初のギアボックス工場を巨額投資で建設

 72日付新華網】

  長安フォードが3.5億米ドルを投じたギアボックス工場が重慶で正式稼働、同社ではアジア太平洋地区で初めてのギアボックス工場となる。フォードの最先端技術を採用し、先駆けとなる2タイプのギアボックスを生産。ギアボックス工場の生産開始は、フォードが2015年までに中国に15の新型車を導入する計画の強力な支えとなる。同工場の初期の年間生産能力は40万台に達する見込み。

 

長安フォード汽車有限公司総裁の馬瑞麟氏は、ギアボックス工場の正式稼働は長安フォードの車両・エンジン・ギアボックス三位一体の産業構造が正式に形成されたことを意味すると述べた。同工場は、重慶の2つの既存車両工場や、間もなく落成予定の重慶第三工場、杭州工場とともに、長安フォードの更なる市場拡大を後押しする。


引用:
0