一汽大衆が青島、天津に新生産基地を建設

77日付新華網】

   中国第一汽車とフォルクスワーゲンの合弁企業「一汽大衆」の新工場建設地が決まり、両社は今日、「一汽大衆の新生産基地についての共同声明」に署名した。

   同声明によると、「一汽大衆」は青島と天津にそれぞれ華東、華北生産基地を建設し、生産能力を強化するとともに市場のニーズに応えていくという。設立23年以来、中国国内で市場シェアを拡大させていた「一汽大衆」では2013年、年間販売数が150万台を突破。2014年の目標販売数を170万台とする一方で、生産能力が追いつかない状況にあった。

   今回の新工場建設により同社は長春(東北)、成都(西南)、佛山(華南)、青島(華東)、天津(華北)の五大生産基地を擁することになる。


引用:
0