鄭鋼氏「四大核心技術を柱に第三世代の純電動自動車を創出」

【4月26日新華網】

 

  北汽新エネルギー(北京新エネルギー汽車股份有限公司)がこの北京国際自動車展覧会で「一軟一硬」の方針を打ち出した。「軟」は、正式に発表した十三五計画の2020年までの技術製品計画であり、「硬」は、二つの生産企画における三種類の新製品である。その中の一種類の製品は正式に販売価格を発表して中国全国の利用者の予約受付を始めている。そのほかに二つの新企画の製品が初めて公開された。超スポーツカーと超スポーツカーの性能をもつ都市型高級小型乗用車である。

 

 第三世代電気自動車の最大の特徴は、全く新しい生産企画である。今、正に開発に向かっており、大規模なカスタマイズ・スマート製造にまで及んでいる。この企画のために、北汽新エネルギーは二年前から毎年営業収入の10%以上を第三世代の電気自動車の開発に投入してきた。

 

 第三世代の電気自動車の核心技術はスーパー電気駆動技術であり、PDU、PEU、電動機、コントロールシステムなどの高度なシステム集成を行うことができる。さらに、高度な安全基準の技術を通じて、それらを整合し、もっと安全で、超長距離でもっと確かな電気駆動システムの電気自動車を作り出す。それから、超軽量化技術では全アルミフレームの車体にカーボンファイバーを加えた複合軽量化素材を利用し、全く新しい構造開発設計を通じて、全く新しい製品の生産企画を実現した。そのほか、昨年発表したスマートインターネット技術の基礎の上に無人自動車システムを付加した。


引用:
0