北京国際自動車展覧会開幕 機関は5つの概念株が倍になる可能性を予想

【4月25日新華網】

 

  今日、第14回北京国際自動車展覧会が盛大に開幕する。情報によると、この自動車展のテーマは『イノベーションと変革』であり、世界14の国と地域から1600社の企業が出展し、楽視超級汽車、アリインターネット汽車、テスラMODELXなどの花形カーモデルが、初お目見えする。今回の自動車展では、特別に『新エネルギー車』のブースが設けられている。

 

 業界専門家は一様にして北京自動車展は、2016年の世界規模最大の業界盛会として、世界の注目を受け、中国国産自動車産業が業界のより多くの関心を引くだろうと見込んでいる。中国国内の政策は、新エネルギー車を強く押しており、国際科学技術のトップは、しきりに無人運転車に力を入れている。このような背景のもと、新エネルギー車全工程製造、インターネットカー、無人運転車の技術は、今回の自動車展の焦点となるだろう。

 

 『証券日報』の統計によると、徳威新材、三友化工、双林股份、捷顺科技、正海磁材、得潤電子、中通客車を含む多くのスマートカー関連の上場企業に対する総合評価について5社以上の機関投資家より格上げをし続けており、ここ一か月以内、機関は一様にしてスマートカーの概念株に見込みがあるとしている。株価の上昇余地が100%を超える個別銘柄は、四維図新、駱駝股份、風帆股份、宝信軟件、振華科技であるとしている。

 


引用: http://www.nikkan.co.jp/articles/view/00383029
0