レノボがセパレート設計のスマートグラスを発表

725日付新華網】

   レノボ(聯想集団)が24日、IT創業者のためのプラットフォーム「聯想NBD」の開設を宣言し、このプラットフォームから生まれた初の製品であるスマートグラス、スマートルーター、スマート空気清浄機の三つの新製品が発表された。「聯想NBD」はコア技術を持つ起業チームにレノボのハードウエア開発、市場などの資源を提供していく。

   スマートグラス(眼鏡型の情報端末)は、企業向けの「M100」と一般消費者向けの「newglass」の2種類が発表された。骨伝導技術を採用した「M100」はプライベート通話ができ、500万画素のカメラも付く。価格は8000元で731日に先行発売が始まる。また「newglass」は初のセパレート設計による軽量のスマートグラスで、通常の眼鏡に付けることが可能だ。


引用:
0