トヨタ 中国での新エネルギー車の研究開発と普及の推進継続

  2016年(第14回)北京国際自動車展覧会が4月25日に開幕する。この期間、トヨタ自動車は一汽豊田と広汽豊田と手を携え北京にて26種類の車種を共同発表する。今後トヨタは引き続きエコ新エネルギー車の中国での研究開発と普及を積極的に推し進める。

 

 5日、記者が得た情報によると、この度、トヨタの展示ブースはエコ新エネルギー技術を着実に推し進めるのが狙い。自動車展覧会の中で、新PLIUS、新TOYOTAFCVPLUSコンセプトカー、新TOYOTAJIXIEコンセプトカーを中国にて、初めてデビューさせる。

 

 情報によると、これまでにトヨタはハイブリッドを中国に導入して、すでに10年余りになり、豊田汽車研発中心(中国)と現地のサプライヤーの協力を通じて現地化の研究開発を展開し、中国の消費者へ多くのハイブリッド車を提供してきた。今後トヨタはエコ新エネルギー車の中国での研究開発と普及を積極的に継続し推し進め、更に多くの未来型自動車社会の環境と安全に配慮した技術を導入する。このほか従来型の動力源については、現在ある基礎の上に改良を進める。


引用:
0