微宏が燃えないバッテリーを世界で初めて発表

【3月22日新華網】

 

  3月19日、微宏は北京で同社の不発火電池技術を正式に発表した。今回発表された不発火電池技術は、積極防御と消極防御の2つの面からリチウムイオン電池の安全に関する問題を解決。電池産業にとって非常に革新的な最先端の新技術であり、世界のリチウムイオン電池の安全技術標準を一新する可能性がある。

 

 電気自動車市場は近年異常なまでの活況を呈しているが、自動車メーカーは電気自動車の大規模な販売を行ってはいない。微宏社の呉揚主席執行官は、その重要な原因の一つにリチウムイオン電池の発火の危険性があると見ている。微宏が2008年に電気自動車の動力システムの研究開発に注力し始めた時、「10分間急速充電」、「長寿命」、「不発火」の3つを研究要素として掲げた。これらの核心研究要素は、都市交通の電動化に向けた微宏のクリーン都市交通(CCT)戦略の基礎であり、今回の発表は微宏の8年にわたる不燃電池技術の研究成果である。


引用:
0