中国で風力発電の余剰電力廃棄が深刻な地区での電源建設許可を厳格化

【3月18日新華網】

 

  新華社北京の3月17日の報道によると、国家エネルギー局は今後風力発電の余剰電力廃棄が深刻な地区での各種電源の建設許可を厳しく管理することを対外的に通知した。電力供給の過剰が著しく余剰電力廃棄が深刻な地区について、各省レベルのエネルギー主管部門は新エネルギーを含む各種電源建設許可の一時的な停止または延期を検討し、余剰電力廃棄状況のさらなる悪化を防ぐ。

 

 その中で、内モンゴル、吉林、黒竜江、甘粛、寧夏、新疆ウイグル自治区等、昨年の余剰電力廃棄が深刻だったり廃棄率が大幅に上昇したりした地区では、2016年度はしばらく通常規模の風力発電プロジェクト新設・増設を行わない。

 

 国家エネルギー局は同日に「2016年度風力発電蓄積処分作業遂行への要求に関する通知」を発表。通知では、昨年の三北地区(西北・華北・東北地区)での風力発電の余剰電力廃棄や発電制限の問題がさらに深刻化し、余剰電力廃棄量が339億キロワット時に達したことが指摘されている。また全国の風力発電の年間平均利用時間数が1728時間まで減少し、2014年より165時間少なかった。電力の供給と運用の情勢から見て、今年の三北地区の風力発電蓄積処分状況は依然として厳しく、有効な措置を講じなければ、余剰電力廃棄率は昨年よりもさらに上昇する可能性がある。


引用:
0