比亜迪「元」、4月11日にガソリン版とプラグイン版を発売の見込み

【3月7日新華網】

 

  現在当社が関連チャネルから得ている情報によると、比亜迪「元」が4月11日に正式に発売される見込み。少し前の報道では、ガソリン版とプラグインハイブリッド版を同時に打ち出すとされていた。

 

 外観面では、比亜迪「元」はツートーンカラーのボディと吊り天井設計を採用し、さらに躍動感のあるフロントフェイスを組み合わせ、全体的に非常に若々しくファッショナブルな印象。これ以外に、ボディ全体下部の黒い樹脂材とバックドアに取り付けたスペアタイヤも、SUVらしさを存分に表現している。

 

 サイズについては、比亜迪「元」の長さ・幅・高さはそれぞれ4320/1765/1650mm、ホイールベースは2520mmで、小型SUVに位置づけられる。

 

 インテリアを見てみると、比亜迪「元」はオールブラックのインテリアを採用し、さらにDシェイプステアリング、砲身型計器、十字円形エアコン吹き出し口、大型のセンターコンソールディスプレイ等を備え、これらにより内部も同じくファッショナブルにまとめられている。

 

 動力面では、比亜迪「元」にはガソリン版とプラグインハイブリッド版が登場する。そのうちガソリン版は1.5L自然吸気エンジンと1.5Tエンジンから選ぶことができ、最高出力はそれぞれ109Psと154Ps。プラグインハイブリッド版は1.5Lエンジンと2台のモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載し、純粋な電気モーターのみのモードでの最大航続距離は70kmで、0-100km/h加速時間は4.9秒となる。


引用:
0