比亜迪e5純電気自動車が北京で正式納入

【3月1日新華網】

 

  北京市最大の比亜迪自動車ディーラーである北方華鵬集団が、先日北京の某大手国営レンタカー企業へ比亜迪e5純電気自動車を北京で初めて納品した。北方華鵬集団新エネルギー自動車顧客総監の李輝氏は、今回納入された20台の比亜迪e5純電気自動車はレンタカー専用版で、航続距離が300kmに達し、今後北方華鵬は同レンタカー会社へさらに合計80台以上の比亜迪e5を続々と納品する予定であると述べた。

 

 インタビューの中で李輝氏は北京商報の記者に対し、レンタカー版の比亜迪e5純電気自動車以外にタクシー版500台もまもなく納入し使用が開始され、北京市民が同車種の高品質な新エネルギー車タクシーを気軽に体験できるようになると明らかにした。また自家用車市場向けの比亜迪e5が今月北京で正式に発売されることも注目される。

 

 情報によると、ガソリン版モデルと比べ純電気自動車はより多くの優位性を具えている。動力に電気を採用していることから、純電気自動車の100km燃費コストは普通のガソリン車のわずか1/5未満で、なおかつ乗り心地は普通のガソリン車よりも優れている。


引用:
0