1月の新エネルギー自動車生産台数が前年同期比で増加、前月比で減少

【2月17日新華網】

 

 工信部ホームページが2月16日に発表した情報によると、2016年1月の中国の新エネルギー自動車生産台数は1.61万台。前年同期比で144%増加したが、前月比では大幅に減少した。

 

 自動車完成車出荷合格証統計によれば、1月に生産された1.61万台の新エネルギー自動車のうち、純電気乗用車は7952台で前年同期比3倍に増加し、プラグインハイブリッド乗用車は4887台で前年同期比115%の増加。純電気商用車は2422台で前年同期比80%の増加、プラグインハイブリッド商用車は834台で前年同期比4%の減少。「車両購入税免除の新エネルギー自動車車種目録」の主要6車種の国産新エネルギー自動車は1.55万台で、1月の生産台数の97%を占めた。

 

 前年同期比ではすばらしい数字が並ぶが、1月の1.61万台という生産台数は前月比では大幅に下落している。2015年12月の新エネルギー自動車の生産は9.98万台。銀河証券は、2016年に補助金のレベルが下がったことが第1四半期の生産販売台数に一定の影響を与えていると指摘する。2015年第4四半期の高成長は地方政府の目標達成への圧力と補助金狙いの駆け込み需要の結果であり、供給過剰の圧力が見え隠れしている。


引用:
0