中国石油「十二五」計画への毎年連続の海外功績

【1月25日新華網】

 

 中国石油集団からの情報によると、2015年に中国石油は石油・天然ガス海外業務で作業生産当量1.3825億トン、権益生産当量7202万トンの過去最高記録を打ち立て、それぞれ年度計画を107.2%と106.6%達成し、前年同期比で8.5%と10.5%増加した。

 

 2011年に中国石油の海外での石油・天然ガス作業生産当量が初めて1億トンを超え、権益生産当量が初めて5000万トンを突破し5170万トンを達成した際、中国石油は海外での功績確立を宣言。この後5年間、中国石油の海外石油・天然ガスの作業生産当量は安定して増加し、権益生産量が毎年5000万トンを突破して、毎年連続で海外での功績を打ち立てた。

 

 「上記の実績は近年続いている国際石油価格の低迷や、一部の資源国の不穏な政局、治安の悪化や為替の大幅な変動等の極端に困難な局面のもとで得られたものだ」。中国石油海外勘探開発公司の関係者は、困難に直面した中国石油の海外組織が、業務面では石油・天然ガスのリスク検討や開発へ全面的に注力し、管理面では積極的に収入を増やし支出を抑え、コストを下げて利益率を高める努力により、石油価格の圧力を有効に抑制したと語った。


引用:
0