中国、今年の自動車販売予測は2600万台突破

【1月20日新華網】

 

  先週中国自動車工業協会が発表した2015年実績と2016年自動車市場予測によると、中国の自動車市場では今後6%の増加を実現すると見られる。

 

 中国自動車工業協会の予測では、2016年の中国の自動車年間販売台数は2604万台に達し(そのうち中国国内販売2540万台、輸出64万台)、伸び率は約6%となる。しかし消費のアップグレード、消費が比較的好転になること、及びSUV製品構成がますます充実になることに伴い、SUVが高い伸び率を保つのを除き、セダン市場ではSUVとMPVによる二重の圧迫を受け市場シェアが引き続き減少する可能性がある。各細分市場では、輸出は2015年と比べ10%減少し、約64万台。輸入自動車は88万台で、前年同期比20%減となる。新エネルギー自動車は高い伸び率を継続し、販売台数は70万台前後となる見込み。

 

 2015年を振り返ると、中国の自動車販売台数は2450万台を超え、世界記録を塗り替えて、7年連続で世界第一位となった。この歴史的な地位に到達し、さらに上を目指すのは容易ではない。中国自動車市場が2016年に短期間の停滞期を迎えることは避けられず、マーケティング方法の革新や積極的な転換とアップグレードを行ってこそ、GDPの伸び率を上回り急速な成長期に入ることができる。


引用:
0