1~6月機械工業増加値累計11.2%増 同期全国工業平均水準超え

【8月6日付新華網】

 中国機械工業聯合会からの情報によれば、上半期における機械工業の主要経済指標の増加率はいずれも全国工業平均水準よりも高くなった。その内、1~6月の機械工業増加値の累計増加率は11.2%と、同期の全国工業増加値の増加率より2.4ポイント高く、また昨年同期より2ポイント高くなった。下半期の機械工業増加率は下落する可能性があるが、全体的な形勢は安定しており、年間主業収入の増加率は12%前後、利益増加率は15%前後、輸出増加率は8%前後が見込まれる。

  利益面では、上半期の機械工業は昨年下半期以来の回復の勢いが続いている。1~6月の累計実現利益総額は7158億元で前年同期比19.58%増、実現主業収入は10.4万億元で前年同期比11.52%増、利益増加率は同期主業収入増加率より8.06ポイント、昨年同期より7ポイント高くなった。


引用:
0