「天弦一号」が「高分二号」に助力 高解像度イメージングの品質向上に確かな保証を提供

【9月5日新華網】

  記者が9月4日に中国国防科技大学から入手した情報によると、西安衛星測控中心によるリモートセンシング衛星「高分二号」の遠隔測定データ分析を通して、同校が開発した太陽電池アレイ振動制御装置「天弦一号」は、「高分二号」のリモートセンシング衛星の太陽電池アレイ振動を効率的に抑制し、衛星の姿勢機動安定時間を三分の二に短縮できる。また高解像度イメージング範囲を数万平方キロメートル拡大することが可能となり、中国のリモートセンシング衛星が「精度1m以内レベル」の高解像度時代に踏み込むための重要な技術的サポートを提供する。


引用:
0