百度が5年以内に自動運転車の量産を計画

【12月15日新華網】

 

  月初めに自動運転車の初めての路上テストを実施したのに続き、昨日百度は自動運転事業部の設立と、自動運転車の3年以内の商用化と5年以内の量産を実現することを宣言した。

 

 3年以内の商用化とは、特定分野での全自動運転を実現することだ。百度の自動運転事業部・林元慶副総経理は、この計画に現実的な根拠があると見ている。「百度の自動運転車は人口智能を利用し、ビデオカメラ、レーザーレーダー、ミリ波レーダー、GPS等のシステムにより周囲の環境を感知。これにより最適な走行ルートを決定し、人が関与しない全自動運転を実現する」。説明によると、百度が自主開発した3D高精度マップ技術がミリレベルに達し、自動運転車により精細なナビゲーションを提供できるという。これ以外に、コンピュータビジョン、マルチセンサデータ融合、智能意思決定等の面で、百度には一定の技術蓄積と優位性がある。林元慶氏は、同社が1年以内に関連システムの全面的な構築を実現すると述べた。

 

 また百度社の王勁高級副総裁の説明によると、自動運転車の発展が自動追従走行、車線判断、高速道路上の自動運転、完全自動運転の4つのレベルに分けられる。「百度は直接レベル4の研究開発、つまり自動運転の研究開発に力を入れている」。


引用:
0