11月の中国自動車生産・販売台数がどちらも過去最高の250万台超

【12月11日新華網】

 

  11月の中国の自動車生産・販売台数は先月の回復形勢を引継ぎ、前月比と前年比で大幅に増加し、生産・販売台数がどちらも250万台を超え過去最高となった。

 

 記者が10日に中国自動車工業協会から得た情報によると、11月の中国の自動車生産は254.42万台で、前年同期比17.74%の増加。販売台数は250.88万台で、前年比19.99%増加した。その内、乗用車は生産台数が223.02万台で前年同期比21.55%の増加、販売台数が219.68万台で前年同期比23.74%の増加となっている。

 

 先月と比べ、四大乗用車品種の生産・販売台数に大幅な増加が見られ、その内スポーツ用多目的乗用車(SUV)の増加幅が最も顕著で、生産・販売台数が72.33万台と71.62万台、前年同期比で63.59万台と72.06%の増加。基本型乗用車(セダン)の生産・販売台数は119.32万台と117.06万台、前年同期比で10.19%と9.12%の増加。多目的乗用車(MPV)の生産・販売台数は22.01万台と21.84万台、前年同期比で1.96%と8.79%増加した。

 

 中国ブランド乗用車の市場シェアは拡大し、11月の中国ブランド乗用車の販売台数は92.14万台で前年同期比26.9%増加し、乗用車が販売台数の41.94%を占め、前月のシェアと比べ0.29%増加した。


引用:
0