500万台目のオフラインを迎えた金戈波氏「奇瑞の貴重な財産」

【12月10日新華網】

 

  記者が奇瑞から公式に得た情報によると、12月18日に奇瑞汽車は500万台目となる自動車のオフラインを迎えた。これにより、奇瑞汽車は国内で初めて生産台数が500万台(乗用車)を突破した自主ブランド自動車メーカーとなった。

 

 現在中国の自動車市場は低速成長の新常態に入り、自動車メーカーの発展に新たな挑戦と思考をもたらしている。奇瑞汽車の金戈波総経理は、500万台が奇瑞へ貴重な経験財産を蓄積させただけでなく、同時に奇瑞へ将来の発展に対するより多くの啓示と思考を与えたと述べた。

 

 中国ブランドで初めて500万台目の乗用車オフラインを実現した奇瑞汽車は、中国自動車市場発展の「黄金の十年」の期間に、第一段階の戦略目標を迅速に実現、すなわち生産販売規模を迅速に拡大して、中国自動車市場でのシェアと地位を確立した。同時に中国での自動車の家庭消費市場への食い込み加速に重要な貢献を果たした。2010年に奇瑞の販売台数がピークになった時、奇瑞はいさぎよく戦略転換を実施し、「速度、販売台数、規模」を追及する発展方法から「品質、ブランド、利益」を追及する発展方法へと変更した。

 

 製品実力のたゆまぬ向上と改良を重ねる市場布石により、奇瑞汽車は生産台数で500万台を突破しただけでなく、販売台数でも着実な成長傾向が見られる。先月11月では奇瑞汽車の販売台数が50520台に達し、前年同期比で22.9%増加した。


引用:
0