自動車燃費に基準強化の大きな試練 ポイント制で新エネルギー自動車推進

【10月15日新華網】

 

 記者が昨日得た情報によると、「乗用車企業平均燃料消費管理方法(草稿)」(略称「方法」)の制定が完成し、まもなく意見公募が行われる。「方法」では基準未達成企業の処罰基準を引き上げ優勝劣敗を加速し、新エネルギー自動車の研究生産のさらなる活発化を奨励する。

 

 すでに確定された構想に基づき、「方法」はポイント管理を基礎にした賞罰を伴うより完全な燃料消費管理制度を整備する。

 

 「2014年度乗用車企業平均燃料消費量状況」によれば、2014年に企業平均燃費を申告した乗用車メーカーは120社で、そのうち37社が基準に達していない。なかでも自主ブランドの企業はその差が大きい。

 

 業界内の人物は、「方法」実施後、自動車のエネルギー消費構造に根本的な変更が起こると話す。中国の自動車産業の優勝劣敗が進み、業界再編のプロセスが大幅に加速して、研究開発能力が高く省エネや排出削減を重視するメーカーは非常に大きな発展のチャンスを得る。

 

 記者の得た情報では、新エネルギー自動車は方法における採算の優勢が明らかで、販売台数の増加によりメーカーの燃費制限目標達成を支えることができる。このため、新エネルギー自動車は現在、大手自動車メーカー各社が燃費の大きな試練に臨むための試験田となっている。


引用:
0