電気自動車産業の発展加速へ 電力網電源統一計画

【9月2日新華網】

 

  国家エネルギー局は先頃、「配電網建設改造行動計画(2015-2020年)」を発表した。今後5年間で、新エネルギー、分散型電源、電気自動車等の多元化する負荷の発展と需要に応え、スマートグリッド構築やインターネットとの融合強化を推進する。業界内では、今回の配電網行動計画は国が電気自動車の充電問題を解決する覚悟を表わしたものだと見られており、一連の優遇政策の実施に伴い、新エネルギー自動車産業が飛躍的な発展を遂げる可能性がある。

 

 行動契約の重点任務の一つは、電力網電源統一計画だ。電源と電力網の分布を最適化し、計画の結び付きを強化。新エネルギー、分散型電源、電気自動車電池充電交換施設等の多元化する負荷と配電網の、協調的で秩序立った発展を促進する。

 

 「計画」では電気自動車充電施設の発展推進が求められている。「電気自動車充電基礎施設発展指南(2015-2020年)」に基づき、配電網計画と電池充電交換施設計画を結び付け、充電交換施設へのバリアフリーアクセスを保障する。電気自動車のインテリジェント充電サービスネットワーク構築を加速化し、電気自動車の秩序立った充電、V2G、充電・放電・蓄電を一体化した運営技術を普及させ、都市や都市間の充電施設の相互接続を実現する。2020年には、電池充電交換施設1.2万ヶ所、充電スタンドのアクセス需要480万台を備え、電気自動車500万台に電池充電交換サービスを提供できるようにする。


引用:
0