奇瑞の上半期輸出5万台超 中国ブランドでトップ

【8月25日新華網】

 

 記者が先日奇瑞汽車から得た情報によると、2015年上半期の奇瑞の乗用車輸出は50,130台で、中国ブランド乗用車総輸出台数の26.7%を占め、国内自動車輸出で首位を堅持した。

 

 イランでは、奇瑞汽車の市場シェアが5%に達し、現地市場の主流ブランドの一つとなっている。南米市場では、今年上半期のアルゼンチンの自動車市場全体が落ち込む中、奇瑞汽車は逆風をものともしない44%増。今年6月には、奇瑞汽車はブラジル工業園プロジェクトの契約を締結し、ブラジル工場の操業開始後、奇瑞は海外市場でさらなる本土化戦略の重大な計画を実施する。

 

 「全世界の自動車市場の需要はよりいっそう鈍化しているが、奇瑞は10数年間に海外市場で築き上げたブランドと本土化戦略の推進実施により、製品力をより向上させ、奇瑞製品の全世界市場での競争力を一段と強化する。」と奇瑞汽車の尹同躍董事長は話す。

 

 尹同躍氏はまた、2015年は連続12年中国輸出首位につけている奇瑞独自の優勢を活かし、市場と国家の「一帯一路」戦略を高度に符合させる契機であるとし、東欧、西アジア、中東・北アフリカ等の国々での市場体系構築を加速化することを明らかにしている。


引用:
0