盛運環保がごみ焼却産業チェーンを整備

【8月11日新華網】

 

 盛運環保は8月10日夜、同社と上海盈碳環境技術諮詢有限公司(略称「盈碳」)が温室効果ガス排出自主規制プロジェクトについて合意し、「温室効果ガス排出自主規制プロジェクト戦略的提携契約」を締結したとの公告を行った。

 

 今回の提携は、盛運環保が所有(または株を保有)するごみ焼却発電プロジェクトとその子会社・支社が所有するごみ焼却発電プロジェクトを排出削減プロジェクトとして申請し、これらのごみ焼却発電プロジェクトが産出する中国認証排出削減量(CCER)の販売について協力することを決めたもの。盈碳は、事前コンサルティング、排出削減プロジェクト申請届出、CCER届出署名、CCER販売、及び関連の炭素金融業務による盛運環保プロジェクトのための資金サポート獲得を含むワンストップサービスを提供。長期的な提携を通して、盈碳は盛運環保がCCERの販売で利益を生み出せるよう全面的な支援を行う。

 

 盛運環保は今回の戦略的提携契約について、盈碳の炭素資産開発・管理に関する専門的経験を十分に利用すれば自社の産業チェーン整備に有利であり、自社の環境保護分野の業務開拓能力と核心競争力をさらに高めることができると表明している。

 


引用:
0