中国が世界初の3D印刷軸椎置換手術に成功

【8月22日新華網】

  北京大学第三医院は先日、中国が世界で初めての3D印刷を応用した軸椎椎体置換手術に成功したと発表。これは腫瘍切除後の頸椎構造の復元に、新たな道を切り開いた。同患者は現在すでに全快し退院している。

  北医三院骨科主任の劉忠軍の説明によると、この患者はユーイング肉腫を患い癌病変部が軸椎にあり、いつ呼吸停止してもおかしくない状態だった。現在この病気の肝心な治療方法は手術による切除だが、浸食された軸椎全部を切除することで患者の頸椎は一つ少なくなる。その後チタン合金粉末3D印刷技術を用いて軸椎の複雑な形態を再現した空隙金属構造を作製し、骨細胞が成長し金属空隙内に入り込めるようにする。患者は術後にチタンプレートで固定補助する必要がなくなり、従来のチタンメッシュが引き起こす発症の可能性を大幅に引き下げた。


引用:
0