「破格の値段」で罰金 自動車部品業界変動の引き金となる可能性も

【8月21日新華網】

  近日、国家発展改革委は、日本住友等8社の部品企業の価格独占行為に対し8.3196億元、日本精工等4社のベアリング企業の価格独占行為に対し4.0344億元、合計金額12.354億元の法律に基づく罰金の処罰を行った。

  施策決定陣は自動車企業の価格独占状態を打開する決意を表明、今後も自動車業界関連の価格破壊に対する調査がさらに進められると見られる。アナリストの指摘によれば、今回の「破格の値段」罰金処罰は、直ちに自動車ブランドセールスの方式に変化を与えるものではないが、短期的に部品価格をある程度抑え、部品企業の利益空間を圧縮する可能性がある。しかしながら長期的な観点から言えば、国内の部品アフターサービスシステムが徐々に開放されることは同業界で注目を集めている点であり、客観的に見れば実力のある国内の部品メーカーに対しては逆に中期的にプラスとなる。


引用:
0