吉利集団の新エネルギー商用車プロジェクトが着工

【7月15日新華網】

 

  浙江吉利控股集団有限公司の新エネルギー商用車開発・製造基地の着工式が先日四川省南充市で行われた。同基地は南充市嘉陵区に位置し、投資総額70億元、敷地面積1530ムーの計画。吉利集団が国内に建設する拠点で初めての新エネルギー商用車プロジェクトとなり、吉利の新エネルギー商用車全シリーズ製品の開発・生産・製造の重要な使命を担う。2017年の完成と操業開始が予定されており、量産に入ってからは年間で営業収入216億元、税収15億元を実現できる見込み。

 

 同基地の建設内容には、プレス、溶接、塗装、組立、エンジン加工、電気制御等の主要な生産工程、及び新エネルギー商用車の研究所と試運転場等の付帯施設が含まれる。ここで開発・生産される自動車には、吉利の分散型・インテリジェント化の集積による新エネルギー動力システムと軽量化ボディー技術が採用される。


引用:
0