グローバル・インダストリアル・インターネット聯盟、今月中に成立

【7月9日新華網】

 

  先日行われた「智慧と機器との出会い―インダストリアル・インターネット中国トップフォーラム」の席上で、ゼネラル・エレクトリック(GE)と中国電信集団が戦略的提携協議書を締結。GEのインダストリアル・インターネットのビッグデータ・プラットフォームと中国電信の電信インフラや付加価値サービスを結び付け、インダストリアル・インターネット全体のソリューションプランを形成し、インダストリアル・インターネットの航空、医療、エネルギー、工業製造、その他関連業種への応用を推進することを宣言した。

 

 現在すでに、中国電信、海爾、華為、中国信息通信研究院、中国科学院瀋陽自動化研究所等の中国企業・機関がGEの提唱するグローバル・インダストリアル・インターネット聯盟に加入しており、同連盟は7月16日にニューヨークで成立を宣言する。

 

 「インターネット+」計画とは、モバイル・インターネット、クラウド、ビッグデータ、IoT等を現代の製造業と連携させ、Eコマースやインダストリアル・インターネット、インターネット金融の健全な発展を促進するもの。インダストリアル・インターネットがいかにして確立されるかだが、GEはすでに中国の航空、医療、エネルギー等の業界で企業との提携を展開し、一定の成果をあげている。情報によれば、GEはビッグデータを用いて東方航空の航空機エンジン点検をさらに精巧にすることができるという。GEのビッグデータによる分析で、エンジンの全ライフサイクルにおいてメンテナンスコストを1%節約でき、これにより業界全体で毎年1.35億元の節約が可能となる。


引用:
0