広州の自動車生産は平均1分3.8台 全国生産台数の8.3%を占める

【7月2日新華網】

 

  広州国民経済・社会発展統計公報によると、2014年に広州では合計197.39万台の自動車(内乗用車152.92万台)が生産され、前年比で9.3%増加した。これは昨年に平均1分3.8台の自動車が広州の自動車製造工場で生産されたことを意味する。

 

 横方向で見ると、中国自動車工業協会が発表したデータでは、2014年にわが国で生産された自動車は2372.29万台で、広州の自動車生産は全国生産台数の8.3%を占めている。縦方向から見ると、2005年の広州の自動車生産台数はわずか41.35万台だったが、たった10年の間に年間生産台数が156.04万台増加し、成長率は377.4%にもなった。

 

 またその他の工業製品の生産量を見てみると、広州の工業製造をより直観的に理解できる。公報によれば、2014年における広州の一部の工業製品の生産量は以下の通り。発電396.91億キロワット時(前年比2.2%増加)、布6.16億メートル(前年比8.6%減少)、カラーテレビ503.71万台(前年比12.0%減少)、家庭用冷蔵庫365.71万台(前年比81.5%増加)、室内エアコンディショナー832.78万台(前年比47.6%増加)、小型コンピューター7.27万台(前年比33.5%増加)、鋼材686.34万トン(前年比10.2%減少)、セメント785.18万トン(前年比11.3%減少)。


引用:
0