新エネルギー車ナンバープレート申請数がほぼ倍増 今期当籤率88%

【6月26日新華網】

 

  6期連続の抽選不要による配布が終了し、今月から新エネルギー車のナンバープレートは抽選で配布される。本日6454人の申請者が5697の新エネルギー自動車ナンバープレートの獲得を争い、当籤率は88%となる。

 

 昨日、記者が北京乗用車ナンバープレート申請事務所から得た情報によると、ナンバープレート抽選参加資格のある申請者数が再び最高記録を更新した。審査の結果、25日零時の時点で模範応用新エネルギー乗用車のナンバープレート申請は6454人が審査を通過。前期と比べ92%増加し、ほぼ倍増となった。

 

 6月1日より、新エネルギー乗用車は末尾ナンバー別走行規制管理の制限を受けなくなる。業界関係者の分析では、今回の新エネルギー自動車申請者激増は、最近立て続けにある朗報が関係している。7月には全市で2週間前後の期間にわたり新エネルギー自動車販促イベントが開催され、市場での販売台数が多い車種を展示し、市民に現場体験の機会を提供する。また新エネルギー電気自動車の購入で最高10.8万元の手当てを獲得でき、不動産管理会社が公共充電設備を設置すると30%の補助が受けられると言う。

 

 新エネルギー自動車の充電設備は普及が進んでおり、年末までに六環内に平均サービス半径5kmの充電ネットワークが完成し、市民はアプリを通じて随時充電設備の分布情報を調べることができる。北京市新エネルギー車発展計画によると、今後さらに通行料減免や免税等の措置が検討される。

 

 


引用:
0