長安が巨額を投じて研究開発センター新設 動力開発てこ入れへ

【6月24日新華網】

 

  先頃網通社が長安汽車から公式に得た情報によると、同社は1893万イギリスポンド(人民元換算約1.7531億元)を投資しイギリスに新たな研究開発センターを建設する。現在、長安はすでにイギリスに研究開発センターを設けているが、長安汽車のパワートレインの設計を担っており、新たな研究開発センターが完成すれば長安のパワートレイン開発力がさらに向上する。

 

 イギリス自動車産業は常にエンジン及びギアボックスの開発生産を得意としており、日産、トヨタ、フォード等、世界の一流自動車ブランドがイギリスに研究開発センターを設けている。長安汽車もこの優位点に目をつけ、2010年にイギリスで研究開発センターを正式に開設した。今年、長安汽車はさらに1.75億人民元を増資し、長安イギリス研究開発センター建設プロジェクトへの投資に用いる。

 

 従来の動力開発以外に、新エネルギー自動車も今後イギリス研究開発センターの重要な任務となる。今年3月に長安が発表した新エネルギー計画では、今後10年で180億元を投じて新エネルギー自動車へ全面的に注力し、34モデルの新エネルギー自動車の新製品を市場へ投入する。今後長安汽車はグローバルな研究開発体制により、重慶、北京研究開発基地を中心とし、アメリカとイギリスの研究開発資源を統括して、1500余人からなる新エネルギー開発チームを構成し新製品の研究開発を支援する。

 


引用:
0