認可条件明確化 「新規設立純電気自動車企業管理規定」公布

【6月5日新華網】

 

 工信部のウェブサイトで6月4日に公開された情報によると、「新規設立純電気自動車企業管理規定」が国務院の賛成を得て発展改革委と工信部により共同で公布され、2015年7月10日より実施される。

 

 規定では、新規設立の純電気自動車企業はたくさんの必須指標による厳しい選別にかけられる。まず中国国内で登記し、技術面で純電気乗用車製品のコンセプト設計からシステム・構造設計、プロトタイプの開発製造・試験・スタイリング決定までの全ての開発経験を持っている必要がある。同時に自動車制御システム、動力蓄電池システム、自動車組み立て・軽量化分野のコア技術及び相応の試験検証能力を備え、純電気自動車の独自の知的財産権と授権された関連発明特許を有していなければならない。

 

 次に、新規設立企業はさらに完全なプロトタイプ試験製造条件を備えている必要がある。自主試験製造の純電気乗用車の同型プロトタイプ数は15台以上、一度の充電での航続距離100km以上、0~50km/hの加速が5秒未満、最高時速100km超過等の技術指標が設けられている。また、これらの企業は完全な販売及びアフターサービス体系を有していなければならない。

 


引用:
0