貨物自動車へのABS搭載 自動車メーカー8社が提議

【新華網5月27日】

 

  中国自動車工業協会からの情報によると、5月26日に中国貨物自動車生産企業聯席会が2015年度第2回サミットを開催した。会議の席では、メンバーである一汽解放汽車有限公司、東風商用車有限公司、中国重型汽車集団有限公司、陝西汽車集団有限責任公司、安徽江淮汽車股份有限公司、北汽福田汽車股份有限公司、上汽依維柯紅岩商用車有限公司、東風汽車股份有限公司の8社が、「貨物自動車のアンチブロックブレーキシステム(ABS)搭載に関する提議書」に共同で署名した。

 

  「提議書」は貨物自動車の走行の安全性向上、消費者の権益保護、業界の健全な発展促進を狙いとする。

 

  「提議書」では主に以下3点が述べられている。一つめはGB7258-2012基準の要求に応じた(C8メンバーによる)アンチロックブレーキシステム(ABS)搭載の承諾。二つめはGB7258-2012基準に応じた業界全体の貨物自動車生産企業によるアンチロックブレーキシステム(ABS)搭載の提議。三つめは貨物自動車生産企業が主体責任を確立し、互いに監督を強化して貨物自動車業の信望を共同で守り、政府関連部門に積極的に協力し生産適合性管理作業を行うことである。

 

  提議活動は政府関連部門の認定と中国自動車工業協会の支持を得ている。


引用:
0