中国で戦闘ヘリ風洞試験自動水平制御技術に成功

【8月13日新華網】

  某型ヘリコプター試験が四川の某組立工場で8メートル×6メートルの風洞を順調に完成し、中国国内初のヘリコプター前進飛行状態での荷重自動水平制御を実現しました。これは中国がヘリコプター風洞試験における自動水平制御技術の難題の解決に成功し、中国のヘリコプター開発が今後より安全で効率の高い試験研究の土台を得たことを意味する。

  風洞試験の中で、風速が確定している時に、ヘリコプター模型が対応する傾斜角度を正確に予測することは出来ず、デジタル監視システムがフィードバックする天秤荷重に基づき煩瑣な調整を行って、徐々に水平に近づけ最終的に模型を平衡状態に保つ必要がある。中国のヘリコプター性能への要求がますます高くなるにつれて、ヘリコプター荷重自動水平制御技術の研究・発展が急務となっている。ヘリコプター4メートル試験プラットフォームの大改修の過程で、四川の某組立工場は設備の改造とバージョンアップを通し、ヘリコプター試験情報ネットワークシステムの構築に成功し、動態装置デバッグ、システム間のリアルタイムのデータ共有、調整精度修正等の肝心な技術問題を次々に解決し、同システムが自動的に精確な荷重平衡調節を行うことを可能にした。


引用:
0