2月の輸入航空燃油課税後CIF価格 1トン当たり3900元

【3月25日新華網】

 

 新華社石油価格システムが24日に発表した中国輸入航空燃油CIF価格指数によると、2月の中国輸入航空燃油課税後CIF価格は1トン当たり3900元で、1月と比べ1トン当たり960元下落し、前月比の下げ幅は19.75%となった。

 

 データでは、2月の中国輸入保税航空燃油CIF価格は1トン当たり3190元で、1月と比べ1トン当たり760元下落し、前月比19.24%の下げ幅となっている。

 

 新華社経済アナリストは、評価期間内のブレント原油価格とアジア市場航空燃油価格の大幅な下落が依然として中国輸入航空燃油価格下落の主な原因であると分析。これ以外に、タンカー運賃指数の小幅な低下と人民元の対米ドル為替レート切り下げも中国輸入航空燃油価格下落の原因の一つとなっている。

 

 中国輸入航空燃油CIF価格は新華社石油価格システムが自主開発した石油系列データ製品の一つで、新華社の全国各地に分布する情報収集ネットワークを利用してデータを収集し、関連専門家による調査と結び付けて算出されている。同指数は毎月中下旬に新華社石油価格システムを通じて外部へ発表される。


引用:
0