SANALLOY INDUSTRY (THAILAND) CO., LTD.

無駄をなくして強靱な会社組織を
サンアロイ・タイが始めた改革



    超硬合金素材メーカー「サンアロイ工業」のタイ法人SANALLOY INDUSTRY (THAILAND) CO.,LTD.が、組織の見直しを進めている。とは言っても、単なる機構改革の話しなどではない。モノづくりを進めていくうえでの、これからの企業のあるべき姿のことだ。粉末の配合から焼結まで高品質・高耐久性素材の一貫生産で知られる同社の、時代を先取りした取り組みを紹介する。









    昨年初めのことだ。希少金属の国際相場欄を眺めていたタイ法人Managing Directorの中本 和徳氏は、思わず目を疑った。「コバルトが異常に値上がりしている」。摩耗や腐食に強いコバルト合金は工業製品に広く活用され、超硬素材の配合に欠かせない重要元素。ところが、産出国がアフリカのコンゴなどに限定されることで、国際相場の影響をもろに受けやすいことで知られる。コバルトの取引価格は高騰を続け、一時は生産計画そのものにも影響を与えかねない高値となった。

    中本氏は社内改革を断行する。「購入素材が値上がりしたからと言って、顧客に向けて直ちに値上げするような姿勢は取れない」のが理由だった。社内の無駄・ムラを徹底的に洗い出し、改善に挑んだ。属人的なスキルに依らない自動化も強力に推進。余剰人員を新たなサービスの開発に回した。

■ タイで日本のモノづくりを下支え

    社内向けメッセージには「歩留まりを高め、捨てる原料を少なくしよう。あらゆる贅肉をそぎ落とし、強靱な肉体を持った会社にしよう」と盛り込んだ。一人一人が自覚を持ち、サンアロイ・タイから始まる変革に誇りを持つよう意識改革にも訴えた。作業員の毎日の歩数を計測し、無駄な動きのない労働環境づくりにも継続して取り組んでいる。

    為替対策を実施するなど結果は少しずつ出始めているものの、トータルコストの大幅ダウンまではまだまだ道のりは険しい。改革は今年も継続することにしている。「今後もどんな試練が待っているとも分からないが、経営を安定化させ顧客とともに成長していくためには、可能な限りの組織の見直しは欠かせない」と中本氏。新たな年を迎えて、サンアロイ・タイの取り組みに注目が集まっている。







SANALLOY INDUSTRY (THAILAND) CO., LTD.


http://www.sanalloy.co.jp


7/360 Moo 6, Amata City Industrial Estate, Rayong, 21140
Tel : +66(0)38-027-434 +66(0)38-027-438

お問い合わせ先:
酒本
yo-sakamoto@sanalloy.co.jp
Mobile: 081-780-3913
ORN
a-orn@sanalloy.co.th
Mobile: 081-947-4288


『FNA MAGAZINE THAILAND』掲載ページのPDF版をダウンロード

 


引用:
0