長安小型SUV今月17日発売 1.5T搭載

【3月12日新華網】

 

 CS35は長安汽車の自主ブランド傘下の小型SUV製品。2012年10月末に国内で発売され、2014年には年間販売台数が10万台を超え、長安汽車の製品ラインナップの中で量販モデルの重責を担っている。長安汽車の高級幹部が以前漏らしたところによると、新モデルCS35が3月17日に正式に発売され、新型車には1.6Lと1.5Tの2種類のエンジンが搭載される。

 

 新モデルCS35は装置面でグレードアップし、ユーザーはESP電子安定制御システム、HHC坂道発進補助システム、TPMSタイヤ圧監視システム、疲労監視システム等の装置を選択可能となる。動力面では、現行モデルのCS35は1.6T自然吸気エンジンを搭載し、最高出力は93kW、最大トルクは160Nm。

 

 新モデルのCS35は現行モデルに搭載の1.6T自然吸気エンジンを引き継ぐ以外に新たに1.5Tエンジンが増え、最高出力は115kW、最大トルクは215Nmとなる。動力伝達系統には5速手動と4速手動自動一体型トランスミッションが組み合わせられる。これ以外に、新型車にはStart-Stopエンジン始動・停止システムが追加され、燃費経済性の向上を助ける。


引用:
0