常州初の充電スタンドをクラウドファンディング方式で建設

【3月11日新華網】

 

 江蘇省常州市で、クラウドファンディング方式により市内に1500ヶ所の充電スタンドを建設し、今年6月末に全てが完成し使用を開始する予定。これにより、昨年に北京・深圳・蘇州等で主に政府の優遇政策を利用し普及が進められた新エネルギー自動車充電施設の建設に、新たな突破口が開かれる。

 

 常州でのやり方は、5台分以上の駐車スペースや十分な電気容量を備えていること等の条件を満たす支援者が自ら申請を提出し、運営会社が情報を収集して選抜後に計画部門へ届け出、最終的に合理的な地点での充電スタンド建設が確定するもの。

 

 常州クラウドファンディング充電スタンド建設プロジェクトの運営会社である星星充電の邵丹薇董事長の説明によると、全ての実行プロセスの中で申請者はスペースを提供するだけで建設コストを負担する必要はなく、完成後に申請者は永久的に半額で充電サービスを受けられる。クラウドファンディング充電スタンド建設は3000件以上の加盟申請を集め、最終的に1500ヶ所の充電スタンドが確定。情報によれば、常州で初めてのクラウドファンディング充電スタンドが先日武進区で運営を開始し、同充電スタンドはTeslaや大陸内のあらゆる新エネルギー車が使用できる。


引用:
0