機械工業利益 今年の利益10%増加見込み

【2月12日新華網】 

 

  2月11日、中国機械工業聯合会は2014年年間機械業界経済運営情勢のメディア発表会を開催した。中国機械工業聯合会執行副会長の陳斌は会議の中で、2014年に機械工業は生産・利益等の主な経済指標の適度な成長を実現し、業界の発展は全体的に平穏で、構造調整と転換拡大の推進も継続していると語った。

 

 また陳斌は、注文の低成長が需要の低迷を表しており、2015年に機械工業が引き続き直面する重要な課題の一つであると述べた。国は安定成長の施策を打ち出しているが、2015年に機械工業がマクロ経済の上意下達の圧力や対外貿易リスクと不確定性の増加、労働力・環境・資源等の要素のコスト上昇等の不利な要因に引き続き当面する。2015年の展望では、機械工業の付加価値と主要営業収入成長率は8%前後、利益成長率は10%前後、輸出成長率は6%前後となっている。


引用:
0