Siam System Consulting Co.,Ltd.

導入実績8000社超を誇る会計・人事給与
システムがタイ初上陸



    累計導入社数8404社、そのうちの公開・上場企業が761社という日本No.1実績を誇る会計・人事給与システム「SuperStream-NX」が、満を持してタイの 市場に初上陸する。総代理店として顧客対応にあたるのが「Siam System Consulting Co.,Ltd.」(藤山剛CEO)。バンコクにある大手会計事務所「Accounting Porter Co.,Ltd.」(但野和博MD)とパートナーシップ契約を締結、厚みのあるサービスの提供を目指す。操作性、機能性、拡張性に優れた同システム。5000社以上の日系企業が集うタイで、








企業活動を会計部門から下支えする取り組みとして注目を集めている。

    SuperStream-NXは、キヤノンマーケティングジャパン・グループの「スーパーストリーム株式会社」(東京)が開発した会計・人事分野に特化した国産ソフトウェアだ。「顧客ビジネスの成長を支援する」ことを理念に、これまで進化に進化を重ねてきた。経理・人事部門の諸課題とシステム部門の持つ諸課題を同時に解決。その仕上がり具合と使いやすさは多くの大手企業も認めるところだ。

    例えば、操作性。直感を大切にしながらも機能性と品質を落とすことは決してしなかった。他のシステムとの連携・連動も自由自在。新規導入や乗り換えに躊躇するユーザーの不安も取り除いた。クラウドを活用したシステムは多額の導入費用を必要とせず、企業の財務事情にも貢献する。手元でのセキュリティー対策やアップデートの心配も必要ない。毎月の定額利用料だけで導入可能というのだから利用者としては嬉しい。

    もう一つの拡張性も大きな魅力となるだろう。藤山社長はその具体例として、フィンテック(ファイナンス・テクノロジー)との融合を真っ先に挙げた。口座管理や資産管理といった銀行などの外部システムをSuperStream-NXに取り込み、一元管理を目指すという試みだ。実現できれば、企業の会計担当者は社内の自席にいて、一つの端末操作だけで財務管理が可能となる。会計業務の自動化、省人化にもつながってくる。

    こうした拡張の一切を藤山社長は「アドオン(追加プログラム)で対応していく」とする。システム移行のための買い換えや機器の交換を必要としないバックグラウンドでの作業。顧客の新たな負担は一切ない。クラウドであるからこそできるサービスに、今後の成長と将来性を感じて止まない。

    また、日本国内からタイへ進出した企業にとっても大きなメリットになると言える。海外子会社は別システムを使用していることが多いことから「親会社では、海外子会社の財務状況が報告されるまで把握できない」というケースが多い。しかし、グループ全体で統合会計システム「SuperStream-NX」を活用することで、海外子会社の財務情報も都度把握することができるため、迅速な経営判断に繋げることが可能となる。経営資源の可視化が一挙に進むことにもなる。

    パートナー契約を結んだAccounting Porter社とはWin-Winの関係を目指す。2012年5月設立の同社は、100社を超える取引先を持つタイの優良会計日系企業。日本人対応、連結パッケージ対応、納期厳守を3つの柱に日系企業からの信頼も厚い。多くの進出企業からの相談も請け負っている。

    そのAccounting Porter社の但野社長は今回の提携について、「来たるべき人工知能(AI)の時代に対応するため」と解説する。今後進むであろう会計業務の一層の自動化、その中でもAI化。「会計業務も時代とともに変化しています。今後確実に進むと予想されるのが人工知能の導入。こうしたニーズをしっかりとサポートしていく仕組みを作るため、SiamSystem Consulting社との提携を決断しました」と説明した。

    但野社長が最も注目した点がアドオン機能だった。顧客が新たな開発費用負担を必要としないところに可能性や将来性を感じたのだという。「多額の投資を伴う新たな設備導入では企業も及び腰になります。その点、アドオンによる効果は計り知れない」と解説してくれた。

    市場投入に合わせて、同製品はタイ語化、ローカライズ化も進めている。Siam SystemConsulting社はこのローカライズ開発にも参画し、タイ国内でSuperStream-NXの先駆けとなる。付加価値税(VAT)や源泉分離課税(Withholding Tax)などタイ独自の税制もある。「実際に端末を操作する会計担当者はSIAM SYSTEM CONSULTING CO., LTD.導入実績8000社超を誇る会計・人事給与システムがタイ初上陸タイ人従業員。彼らが使いやすいようにタイの会計実務に合わせた仕様にしていきたい」と話した。また、クラウドに接続する一般回線に不安を感じるユーザーのために、プライベートネットワークを提供していく用意も。「さまざまなニーズに、オーダーメイドで対応していきたい」とも加えた。

    日本時代は、大手企業で銀行のシステム開発などに取り組んだという藤山社長。産業が集積するタイで、今後さらに会計実務の自動化・AI化が進むと読む。目指すところは日系企業の支援・サポート。「このところの時代の移り変わりは早い。生産の現場だけでなく、会計といった管理業務にもそれは及んでいます。取り残されないためにも、SuperStream-NXが一助となれば」と話してインタビューを終えた。









SIAM SYSTEM CONSULTING CO.,LTD.


https://s-s-c.co.th


68/1 Pasana Soi 2, Sukhumvit road, Phra Khanong Nua, Watthana Bangkok 10110 Thailand.
Tel : 02-102-5295

お問い合わせ先:
sale@s-s-c.co.th


『FNA MAGAZINE THAILAND』掲載ページのPDF版をダウンロード

 


引用:
0