SANALLOY INDUSTRY (THAILAND) CO., LTD.

粉末の配合から焼結まで一貫生産
日本同様の高品質でタイの製造業をバックアップ



    兵庫県に本社を置く超硬合金素材の製造販売企業「サンアロイ工業」。その初めての海外生 産拠点となるタイに2005年5月に設置されたのが、現地法人のSANALLOY INDUSTRY(THAILAND) CO.,LTD.。日本の本社工場から出荷される合金素材と変わらぬ高品質、高耐久性能。顧客のニーズ・用途にマッチした安定した素材配合。全ては、タイで生きるニッポンの製造業、そしてモノづくりのためにある。産業の足下を支えながら、新市場での飛躍を目指す。









    高品質への安心安定を第一に考え、超硬合金素材の原料は全量を日本から調達している。業界一厳しいとされるサンアロイ工業の出庫検査。時間をかけここで入念にチェックを受け、通過できたものだけが最終的に顧客の元に届けられる仕組みを決して崩さない。信頼への証がここにある。

    金型向けが中心の合金素材の配合は、顧客が目指す製品の形状や目的ごとに綿密に計算が施され、コストも考えて常に最適最善ものが選択されている。配合の選定から焼結までもが自社内で一貫生産。提案型の営業と生真面目な仕事ぶりが、高い評価を得ている。

    2011年のタイ大洪水では、当時アユタヤにあった工場が水没し、操業停止を余儀なくされた。現在の地であるアマタ・シティー工業団地に移転、本格稼働を開始したのは半年も経ってからだった。それでも、顧客が選んでくれたのは、これまでの信頼と実績があったから。今ではアユタヤ時代を超える取引先との関係を築くに至った。

    現在のラインは24時間フル稼働。土日の操業も続けている。10ライ(1ライ=1600㎡)ある敷地面積はまだ半分が空いたまま。今後のライン増設などを視野に、中長期的な戦略を立てることが物理的にも可能だ。

    日本の本社からの生産依頼も少なくないが、産業の集積地タイでの今後を考えた時、自己完結型の操業を可能な限り目指すとする。「ここはタイ。タイ法人は、まずはタイ人従業員のことを第一に考えていきたい。彼らなしでは、会社は成り立たない。守るべき人たちと言ってもいいだろう。景気動向だけでは左右されない体力ある会社づくりを推進していきたい」。Managing Directorの中本 和徳氏らの目は真剣そのものだ。







SANALLOY INDUSTRY (THAILAND) CO., LTD.


http://www.sanalloy.co.jp


7/360 Moo6, Amata City Industrial Estate, Tambol Mabyangporn, Amphur Pluakdaeng, Rayong, 21140
Tel : 038-027-434 , Fax : 038-027-438

お問い合わせ先:
担当者:酒本(Sakamoto)
yo-sakamoto@sanalloy.co.jp
081-780-3913

担当者:ORN
a-orn@sanalloy.co.th
081-947-4288


『FNA MAGAZINE THAILAND』掲載ページのPDF版をダウンロード

 


引用:
0