中国で時速350kmの中国標準高速鉄道の開発推進加速

【1月30日新華網】

 

 中国鉄路総公司総経理の盛光祖は29日に、今年鉄総が鉄道重点分野の技術攻略をさらに推進し、装備分野で時速350kmの中国標準高速鉄道の開発推進を加速すると発表した。

 29日に開催された中国鉄路総公司の業務会議の席で盛光祖は、2015年に時速350kmの中国標準高速鉄道のサンプル車両のオフライン・型式試験・運用審査等の作業完了を実現し、同時に時速250kmの中国標準高速鉄道の開発も加速して、中国標準高速鉄道のシリーズ製品を形成すると発表した。これにより大電力機関車の自主化レベルがアップし、主幹部品の自主研究開発と運用審査が整備される。

 

 建設分野と安全分野の面について同氏は、バラストレス軌道・高速鉄道路盤・特殊構造橋梁等の研究を深め、鉄道建造技術水準を向上させると述べた。ビッグデータ技術を運用し、設備運用状態のデータ検出・採集・運用を強化して、潜在する故障の要因をタイムリーに分析することで、安全リスク管理の適合性と有効性を高める。運営分野では、乗車券システムや貨物運輸オンラインシステムの機能をさらに充実させ、旅客・貨物輸送改革への技術的支援を行う。

 


引用:
0