「石炭の都」の探求と困惑 掘りつくした後はどう発展するか?

【1月14日新華網】

    鉱物資源の開発は国家経済の命脈にかかわり、また生態の危機や環境問題を容易に引き起こす。金山銀山の誘惑に直面した時、我々はいかに緑と水を守るべきか?「経済日報」の記者が「石炭の都」オルドスを訪れ、現地に設置されている鉱物資源生態保障機関の実践・研究について調査し、その中で問題と矛盾の存在を発見した。しかし陝西と内モンゴルの境界地区にあるムウス砂漠周辺の武家塔鉱区では、武家塔人が各自の積極性と創造性を喚起し、過去に陥った「掘りつくした後はどう発展するか?」の苦境の轍を踏まないために、資源型都市に生態保障制度を導入している。

   多くの大型露天炭鉱が行っている従来の緑化のための緑化の画一的管理方法とは異なり、彼らは積極的に生態産業を推進し、土地から利益を得て、炭鉱の後続発展における転ばぬ先の杖となっている。彼らは1400ムーの緑化帯に150ムーの土地を開拓して野菜やフルーツを植え、天然無公害野菜基地を造った。20数品種の野菜やフルーツが収穫されると、武家塔炭鉱の従業員は天然無公害食品を食べることができる。これだけでなく、武家塔人はさらに今後十数年の間に、鉱区に観光旅行、高効率農業栽培、養殖を一体化させた生態観光鉱区の構築を準備中である。


引用:
0