2015年中国が科学技術型中小企業育成に注力

【1月12日新華網】

 

  2015年、中国は科学技術型中小企業育成パイロットプロジェクトを重点的に展開し、さまざまな方法で革新型の企業発展を支援することにより、中小企業の革新活力を呼び起こし、多くの科学技術の「小巨人」を育てる。

 

 全国政協副主席、科技部部長の万鋼は会議の席で、2014年の全国のハイテクノロジー企業が6.8万社を超え、企業開発支出が社会全体の開発支出の76%に達し、企業発明特許が国内有効発明特許総量の55%を超し、企業革新の意志と能力が目に見えて増強していると指摘した。

 

 万鋼はさらに、国有資本運営会社または投資会社を組織して、国有資本リスク投資基金を設立し革新型企業の発展を支援することを検討すると強調した。科学技術型中小企業育成パイロットプロジェクトの展開により、貸付リスク保証支援方式がスタート。一部の銀行や省市で先行して試行が行われ、科学技術企業の革新起業のための貸付の「優先通路」を設ける。これ以外に、認可されれば補助やベンチャーキャピタル案内等の方法による科学技術型中小企業の技術革新の財政支援方法を新たに創設する。


引用:
0