国家鉄路局、都市間鉄道の設計時速を200km以内に制限

【1月7日新華網】

 

 国家鉄路局は「都市間鉄道設計規範」を正式に批准公布した。新たに制定された「規範」は中国で初めての都市間鉄道建設業の規準であり、3月1日から実施される。

 

 「規範」では、都市間鉄道の設計時速が200kmを超えてはならないと規定。都市間鉄道は都市総合交通運輸システムの重要な組成部分であり、主にエリア内の隣接する都市間または都市群内の通勤手段として機能し、駅間距離は一般的に5km~20kmとする。サービス対象は中短距離旅客が中心で、片道時間は通常短く、特に旅客の移動の時間短縮と敏捷性が強調されている。国家鉄路局の関連担当者は、都市間鉄道は「高密度、小編成、バス化」の運輸組織方法を採用、最大編成は8両、または6両や4両等の編成方式も可能とし、これにより線路有効長やホーム有効長等の技術基準を最適化する、と述べた。


引用:
0