上汽MGのSUV GSと命名 2.0Tと1.5Tエンジン搭載

【1月6日新華網】

 

 1月5日、上汽MGブランドは初のSUVの公式名称をMG GSとすることを発表した。新型のMG GSモデルには2.0Tと1.5Tの計2種類のパワートレインがあり、上汽主導の開発及び北米GMとの共同開発による高効率のパワートレイン。それぞれシリンダー内直噴技術とターボ技術を採用し、TST6速油冷デュアルクラッチトランスミッションとTST7速デュアルクラッチトランスミッションが組み合わせられる。その内、MGE 2.0TGIエンジンの最高出力は220馬力、最大トルクは350Nmで、100km当たりの燃費は7.9ℓ、1.5TGIモデルの100km当たり燃費はさらに低く6.6ℓまで下がった。

 

 MG GSはデザイン、動力性能、乗り心地の良さの面で全てレベルアップしている。装備面では、MG GSはインテリジェント制御4WDシステム、ARP自動横転防止システム等の安全防護装置を備え、inkaNet4.0を搭載しホログラム3Dナビゲーションシステムや音声操作等の車載インターネットインテリジェントシステム応用を実現できる。


引用:
0