物流特集 〜新メコン経済圏の歩き方〜

物流特

新メコン経済圏の歩き方

Special_index-page_1

 

    AECを控え、ASEANが単一のマーケットとなり、ヒト・モノ・カネの動きがさらに活発になる。そのインフラの一つとして重要なのが物流機能だ。右ページの図はタイ・ベトナム・ラオス・カンボジア・ミャンマー各国の輸出入の品目別割合と、どの国への輸出入が多いかという割合を示している。

タイ:原材料・労働集約型産業の製品の輸入と、完成品の輸出が目立つ。

ラオス:輸出は原材料等が主で、輸入については機械等が主であり、タイへの依存度が非常に大きい。

ベトナム:輸出は資源、繊維、部品等、欧米との取引が大きく、輸入は機械・部品がで中国、ASEAN域内、韓国が大きい。

ミャンマー:輸出は資源、原材料にほぼ依存。逆に加工品・完成品は輸入に頼っており、中国・タイ・ベトナムを中心にアジア域内での取引が多い。

カンボジア:輸出は繊維などが主軸で欧米の比率が比較的高い。加工品・完成品は輸入が多くアジア域内からが主。

今後、航路に加え陸路の物流が期待される中で、輸送、倉庫、およびそれらに関連するサービスや機器を提供する企業は、製造業に先駆けて、
タイを基点にASEAN域内への積極的な投資と対象エリアの拡大を進めている。今回はその中でも特に先陣を切って活動している企業にフォーカスを当ててみた。

Special_index-page_2

 

 

[特集の目次]

 

“K” LINE LOGISTICS (THAILAND) LTD
ワンストップサービスでクロスボーダー輸送確立を目指す
LCL(海上便自社混載)路線の拡販/カギはグループ力強化

TICON Logistics Park Co., Ltd
ディベロッパーだからできる充実の貸倉庫サービス
需要拡大見込み、地方開発を加速

HINO MOTORS SALES (THAILAND) LTD
「お客様の車の稼働最大化」を常に考える
タイ日野がお届けするトータルサポート活動

Mobile Innovation Co., Ltd
ドコモ子会社が提供するタイの車両運行監視システム
ドライバーの管理がより可能な多彩な活用方法に注目  


引用:
0