AEC特集ASEAN統合への新たなステージ AECって何だろう?

AEC_BG

 

    ヒト・モノ・カネの流動性を高める事でASEANが単一の製造業拠点・サービス提供拠点となると グローバルマーケットでより強力な力を持つことが出来る。 また、域内総人口6億人、名目GDPは1.8兆ドルが単一のマーケットになると その魅力をもって投資を呼び込み、それをテコにして次の経済成長を作りだす事が可能。 目下の状況はまだまだ先進国というには長い道のりが待っている市場でありながら、経済成長率は 世界の中でもトップクラスの市場は外から見たときに大きな魅力。

 

    2015年末を目標に進められているAEC。 では、実際に何がうれしいの?何が変わるの?どんなチャンスがあるの? 今回は経済活動を行うビジネスパーソンをより身近な立場からサポートするプロフェッショナルに それぞれの専門分野から見るAECとは何なのかをインタビューしてみた。

 

    一言にAECといっても対象範囲 の幅が広くどのような戦略のもとに 進められているのか把握が難しいと いう方も多いのではないだろうか? ASEAN各国で合意されたASEAN Blueprint 2009 では政治・安全保 障、経済、社会・文化と大きく3つの 章立てからなるが、その中でも特に 経済の部分では、右図のような内容 が盛り込まれている。

 

    関税優遇策(AFTA、FTA)はAEC においてASEANにおける単一市場 としての大きな変化をもたらしつつ ある重要な施策となった。NNAの記 事(P.18)にもあるように、各地域の 特性を活かした集中と選択を促し、 グローバル経済における各地域の 強みを作り出す一方で、リスクヘッジ のためのに必要な分散により後発の 地域が今後経済発展するための布 石を生み出している。 未だ非関税障壁、制度が未整備 な部分等は多々存在し、課題も山積 してはいるものの、AECとはそもそ も1年や2年の単位で考えるもので はなく、数十年をかけて比較的小さ な国の集合体であるASEANがグロ ーバルプレーヤーの一角を担えるよ うになるかどうかという視点で考え ていく必要がある。 ゆっくりとではありながら今後も 確実に変化を続けるであろうASEAN 。AECの全体像を掴みながら、 自社のビジネスチャンスにつなげて いくためには何処に注目すべきか? 日々の仕事に追われながらも、少し 時間を取ってマクロな視点で思いを 巡らせてみてはいかがだろうか?

 

AEC_BLUEPRINT

 

■特集の目次■

 

M&A Accounting and Tax Co., Ltd
6億人市場AECの誕生でビジネスチャンスの拡大に期待

 

JBL Mekong Co., Ltd

フロンティア市場を開拓するアントレプレナーLaw Firm


RGF HR Agent Thailand Co., Ltd.
最大手の日系リクルーティング会社が見据えるASEANマーケット


引用:
0