DAIICHI CENTRAL (THAILAND) CO., LTD.

エアコンの電気代半減に成功!


Daiichi
    電力コストの高いタイで、小規模オフィスから大がかりな工場まで消費電力量の削減を目指すのが、ダイキン工業の持分法適用会社「第一セントラル設備(千葉県市川市)のタイ法人「Daiichi Central(Thailand)Co.,Ltd.」。空調、電気設備の設計・施工・メンテナンス一式と何でもこなすが、目下、最大の取り組みがノン・インバーターエアコンからインバータエアコンへの切り替えだ。タイではまだ多い旧式エアコンからの脱却を目指し、電気・機械設備の1級国家資格者がお客様に対応している。











    工場やオフィス、商業施設に設置された数多くのエアコン。同社によれば、タイでは依然として95%ほどがインバータ非搭載型のエアコンであり、こうした既存設備の切り替えが省エネや地球温暖化防止を進めたいタイ政府の方針とも合致するという。

    インバータ式に改めるだけで電力使用量は大幅にダウン。同社では平均43%の削減に成功している。半分を超える電気代が節約できることも珍しくない。決して少額ではない設備投資が気になるところだが、節減できる電気代との相殺で、4~5年ほどで回収を終えるのが一般的。最近のエアコンは10年以上と耐久性も高いことから、思い切った切り替えを呼びかけている。小倉三英Managing Director(MD)も「ランニングコストを考えれば相当にお得です」と話す。

    オゾン層を破壊する旧式の冷媒ガスはタイでも規制が強まる事が予想される。今後は、温暖化係数ゼロのフロンガス使用製品の導入が拡大すると見ており、こうした動きにも迅速に対応したいとする。

    タイではダイキン工業のほか、三菱電機の代理店も務める。空調換気、電気設備の技術的な提案力や問題解決力には定評があり、これまでに工業系の生産工場のほか、食品加工工場、レストラン、大型商業施設などでさまざまな問題を解決してきた。設備の設計から省エネ試算、電力測定など、幅広い需要に応えられるのが強みだ。

    日本本社ではここ数年、太陽光発電事業が売上の半数程度を占める。政府の売電事業推進もあって、今後も有望な市場であることは間違いない。そのノウハウと実績をタイでも活かしたいと考えている。熱帯にあって日照時間の長いタイ。太陽光事業の下地は十分に存在しており、後は環境整備を待つだけだ。「直ちに対応できる準備は整えておきたい」と意欲を見せている。




DAIICHI CENTRAL (THAILAND) CO., LTD.


36/49 Motorway Rd., Kwaeng Khlong Song Ton Nun, Khet Lat Krabang Bangkok 10520
http://www.daiichi-central-thailand.com/copy-of-home 


お問い合わせ先:
小倉
089-024-3800
gurahide@gmail.com

092-263-4034
haradaisuke.dct@gmail.com

『FNA MAGAZINE THAILAND』掲載ページのPDF版をダウンロード

 


引用:
0